サテライトオフィスでできること

サテライトオフィスについての情報が満載です!

このサイトでは、サテライトオフィスが持つ特徴について掲載しています。
名前として統一されている中には様々なスタイルがあり、いずれも導入する目的やメリット、求められる環境づくりなど至るところが異なります。
使い方次第ではほとんどが違う仕様になると言っても良いでしょう。
したがってそれぞれの強みを最大限に活かすためには、詳しい内容を知っておく必要があります。
もし将来的な導入を検討しているのであれば、その参考にすると良いでしょう。

サテライトオフィスの環境づくり

サテライトオフィスの環境づくり 営業拠点として本拠地とは別にサテライトオフィスを設置する場合は、最低でも通信環境は整えておいた方が良いです。
事業に必要なのももちろんですが、あくまでも主導は本拠地にあるため、その連絡手段として欠かせないからです。
可能であれば本拠地と同じ環境にしておくと無難でしょう。
そしてサテライトオフィスには、子育てや介護でフルタイム働くことができなかったり、通勤時間がネックになる人に対応するという使い道もあります。
その場合はその人が万が一にも負い目に感じるような環境にしてしまってはいけません。
似たような状況に置かれている人大多数を占めていればトラブルにはなりにくいですが、別の目的を兼ねていれば問題に発展する可能性はあります。
それを未然に防ぐためにも、状況をこまめに把握できる手段が必要です。

人件費の削減などの理由から注目を集めるサテライトオフィス

人件費の削減などの理由から注目を集めるサテライトオフィス テレワークという勤務形態が働き方の一つとして定着しつつある現代では、サテライトオフィスに関する関心も高まっています。
サテライトオフィスとは、遠距離に住んでいる人のために、支店とも違う遠隔勤務専用のオフィスです。
本社や支店とは違うけれど、働き方としては両方と同様の勤務ができるようにするための通信環境が整えられています。
なぜ必要とされているのかといった理由としては、カフェなどでは得られない集中力を高めることができることや、地方に居ながらにして本社にいるのと同様の勤務ができることです。
在宅勤務やモバイルワークの場合、周囲の環境によって勤務が中断し、結果として仕事の効率が下がってしまうことが懸念されています。
在宅勤務の場合、多くの場合働いていないと勘違いする人が多く、家事や雑用を家族から押し付けられることも少なくありません。
また、カフェなどで勤務している場合でも周囲の騒々しさによって集中力をそがれてしまうことはよくあります。
作業を中断させてしまわないようにサテライトオフィスを活用することで、効率よく仕事を進めることが可能だと考える企業が少なくありません。
また、遠隔地からの通勤費を抑えることによって、人件費を削減し、結果として経費節減につながる可能性も少なくないといえます。
在宅でもモバイルワークでもない、新たな形の勤務形態として、今後広がっていく可能性が高いです。

サテライトオフィスの充実は社員の働き方の多様性と向上心を生み出す

昨年から新型コロナウイルス感染症の影響で在宅勤務が注目されています。
利点としては通勤時の負担軽減や働き方多様性を生み出すことなどが挙げられていますが、問題点も指摘されています。
例えば、在宅で働いているとオン・オフをつけるのが難しくストレスが溜まってしまうことや会社のように働くための器材・用具が十分にそろっておらず、逆に効率が悪くなっていまうことなどです。
その問題点を解消する可能性があるのが、サテライトオフィスです。サテライトオフィスは勤務者が会社以外の場所で遠隔勤務ができるよう通信設備などを備えたオフィスです。
在宅勤務ほどではありませんが、通勤の負担を減らしてくれます。また、会社の小さな支店的な位置づけですので、ある程度の器材・用具も揃っています。
さらに出勤の際には同僚とも顔を合わせることができるのがよい点です。
作業の効率性だけを求めるならば、必要器材・用具を在宅に備えればいいのですが、働く上では人とのつながりが重要であり、それが社員の向上心につながっていきます。
今後、たくさんの人がワークライフバランスを保って人生を楽しめるように、サテライトオフィスの充実が望まれます。

サテライトオフィスの目的を考えて機能を充実させる

在宅勤務が一般的な働き方となっている現代ですが、あえてサテライトオフィスを設ける企業も出てきています。
サテライトオフィスを構える目的は、在宅では賄いきれないオフィスの機能を充実させつつ社員の通勤負担を軽減することにあります。
また、社員のモチベーションを高めたり、社員同士のコミュニケーションが活発化できるメリットもあります。
そのよう目的があることを考えるとサテライトオフィスは、単にネット回線を引いて、机といすを置くだけでは目標を達成できないことがわかります。
例えば、オフィス機能として必要な複合機や固定電話、プロジェクターやスクリーンなどがあると仕事がしやすくなります。
さらに、リフレッシュできる空間を設けたり、企業イメージに合うカラーを取り入れると、仕事のモチベーションが上がったり生産性が上がるに違いありません。
加えて、観葉植物を置いたりBGMを取り入れると、リラックスして仕事に取り組めることでしょう。

需要が増えているサテライトオフィスを上手に活用

テレワークを行う人が増えている日本では、サテライトオフィスが脚光を浴び需要も増えています。
サテライトオフィスは、本社とは違う場所に存在しているオフィスです。
企業の営業所や支店は事業を拡大するための拠点ですが、サテライトオフィスは社員が働きやすい環境を重視します。
社員が満足しながら仕事を続けられる環境を構築できれば、人材の流出も防止できます。
取引先の企業が多い都市にオフィスを設置すれば、効率よく取引先とコミュニケーションを取れます。
最近は郊外に設置するタイプも多く、社員は通勤の負担を大幅に抑えられます。
通勤時間が減ると、育児や介護などプライベートに使う時間を増やせます。
地方型のサテライトオフィスは、自然が豊かな場所に住みたい社員に好評です。
地震が起こった場合でも災害時の被害を本社と分散できるので、リスクを抑えられます。
分類ではテレワークの一種になり、プライベートの充実によって生産性の向上も期待できます。

生産性の向上を見据えてサテライトオフィスを活用

日本では、生産性の向上を掲げてサテライトオフィスを活用している企業が増えています。
サテライトオフィスとは、本社から離れた場所に設置されているオフィスを指します。
支社や営業所とは異なり、従業員の利便性を優先して設置されています。
サテライトオフィスで行われている仕事には、情報通信技術を活用して柔軟に仕事を進められるテレワークも含まれます。
政府が推進している働き方改革とも相性が良く、様々な課題の解決にも繋がります。
本拠地を都市部に置き、地方にサテライトオフィスを設置する企業も存在します。
地方自治体や国が支援を行っているケースもあり、地域の雇用促進にも貢献しています。
働きやすい職場環境を整えれば人材が集まり、離職率を抑えられます。
通勤時間が減ると業務の効率が上がり、小規模のオフィスなら支社を作るよりも低コストで運営できます。
災害時のリスク回避にも役立ち、介護や子育てで忙しい社員も就業の選択肢が増えます。

サテライトオフィスは災害リスクリスクを減らせる

サテライトオフィスは本拠点の他に、地方などに作業ができる事務所を構えるものですが、災害リスクリスクを減らすことができます。
近年台風や地震、火山活動などによって避難を余儀なくされるケースが増えており、インフラが寸断されてしまうと長期間にわたって仕事ができなくなってしまう可能性があります。
サテライトオフィスがあれば災害を免れた地域では引き続き仕事をすることができるため、会社全体をストップさせる必要がなくなるでしょう。
オフィスは数が多ければ多いほど維持費もかかってしまいますが、小規模の作業スペースであればコストは最小限に抑え、リスクを分散させることに役立ちます。
災害はいつ発生するか予測することが難しいので、何もない平時に備えをしておくと良いでしょう。
データを複数拠点でバックアップすれば、大きな災害でデータが紛失してしまう危険性も減らすことができます。
データの紛失がなければ、災害後に復旧するスピードも速まります。

サテライトオフィスでもセキュリティ対策が不可欠

働き方改革の一つでサテライトオフィスを導入する企業が増えています。
社員が決められたオフィスに通勤する必要がないため、時間を有効に活用することが可能です。
クラウドシステムやツールの発達によって、従来のオフィスと同じレベルで業務ができるようになっています。
また、地域活性化としても注目されています。首都圏に本社がある企業が地方にサテライトオフィスを持つことで、その地域の雇用増加に貢献できるのでサテライトオフィスを導入するのは正しい選択です。
ただ、セキュリティ対策は十分に講じないといけません。
顧客情報などが漏洩してしまえば、企業の信用を大きく低下させることになります。
自分たちだけが困るのであれば許容できますが、関わっている顧客にも迷惑をかけてしまうので、セキュリティ対策にお金をかけるべきです。
何かが起こってからでは遅いことを認識してください。
対策が不十分だったことで情報が漏洩して、多大な損失を被ったケースは少なくないです。

実はサテライトオフィスには補助金が出ることがある

サテライトオフィスとは、実際のオフィスとは別に拠点となる部分を用意し、会社から離れたところからでも業務が出来る仕組みのことをいいます。
実はこのサテライトオフィスについて、地方自治体から補助金が出ることがあります。
サテライトオフィスが進むと、通勤時間の短縮や家庭と仕事の両立などが行いやすくなり、働き方改革が進展します。
それゆえに東京都などの自治体では補助金を出しています。
全ての自治体に当てはまるとは限らないので注意が必要ですが、該当する場合には申請を行うことをお勧めします。
ただし、計画段階で判断がなされる仕組みになっており、工事が終了した後に申請してももらうことは出来ません。
加えて対象エリアが限定されているのも特徴です。
サテライトオフィスを設営するときには、対象エリアに含まれているかを確認しておきましょう。
詳しくは都道府県のホームページ上でチェックできるので、調べてみることをおすすめします。

インターネットだけをしたいときにも使えるサテライトオフィス

サテライトオフィスは、本社とは離れた場所に設置する事務所のことを指します。一般的にはコスト削減や利便性などを考慮して設置されるものですので、低コストで事業をしていきたい時にはうってつけです。
特に、インターネットでサービスを提供したいと考えている場合には商品やサービスを提供する拠点として利用できるという大きなメリットがあります。
実際に、少数の従業員だけでも経営を行っていくことは十分にできますし、サテライトオフィスにネット環境を構築しておけば、あとはそこで全てのやり取りを行うことができるようになるからです。
生産性を向上させるという意味でも、本社から離れている場所で事業を行うことができれば、わざわざ通勤などで時間を使う必要もなくなります。
サテライトオフィスの中には、バーチャルやレンタルオフィスなどといった様々なサービスがありますがどういった形であっても、インターネット環境を構築していくことは難しくないので利用価値は高いです。

サテライトオフィスを複数企業の共用スペースで実現する際の注意

サテライトオフィスを企業独自で儲ける事はコストの増大となるため、十分に検討が必要となります。しかし様々な重要な案件を現地で対応しなければならない場合には、そのコストと成果を十分に意識し、効果的なサテライトオフィスの実現をすることが必要不可欠です。
この場合に有効に活用することができるのが、近年増えている共用スペースで実現するサテライトオフィスです。
この方法では複数の企業が1つの場所で様々な作業を行うことになるため、十分なセキュリティ対策を実現しているところを選ぶことが重要です。
インターネットを利用してVPNなどが利用できたり、また独立したブースを設けているなどへ情報管理を適切に行うことができるところを選ぶことが必要となります。
同時に、それぞれのインフラのアクセス性も良い所であることが重要であり、単純にスペースを確保するだけではなく、利便性と情報機密性を両立させているところを選ぶことが重要です。

サテライトオフィスは機密管理のための仕組みが重要

企業では近年情報漏洩対策を重要視することが多くなっており、パソコンの中に様々な情報をコピーして持ち出す事は基本的に禁止していることが多いものです。
しかし、サテライトオフィスを利用する場合にはその管理がおろそかになってしまう恐れがあるため、十分に注意をしなければなりません。
ネットワークで接続している場合などは特に自由に様々な情報にアクセスをすることができる場合が多く、これを厳格に管理する仕組みが整っていないことから、社員自らがその意識を強く持って対応することが重要です。
サテライトオフィスは遠隔地から様々な社内情報にアクセスをすることができると言う利便性がある反面、機密管理がおろそかになると言うリスクがあります。
ネットワークなどで情報の持ち出しを管理する事はもちろん、利用する社員もその意識を強く持って厳格な管理に努めることが重要です。情報漏洩を発生させてしまうと企業の存続に関わることを、十分に意識することが大切です。

サテライトオフィスにあると便利な装備とは

サテライトオフィスは従来は出張先で様々な作業を行う際に、従業員が気軽に立ち寄ることができるワークスペースと言う位置づけが強いものでした。
しかし現在ではそれだけではなく、様々な業務を効率的に行うために必要不可欠なものであると言う意識が強まっており、そのために様々な機能が備わっていることが多くなっています。
顧客情報や製品情報などを遠隔地から入手するために、御社のデータベースに接続することができるネットワーク環境を備えているところは少なくありません。
またサテライトオフィスから本社に迅速に情報を提供し、これらの情報を共有するためのシステムのアクセスを許可しているケースも多いものです。
これらの装備を充実させることでビジネスを効率的に進めることができるようになる上、社員が本社に戻って様々な作業をすると言う手間を省くことができます。ネットワークやその他のオフィス機器を備えておくと、その作業効率を向上することができるものとなっています。

サテライトオフィスが不向きな業種もあります 

サテライトオフィスは、多くの業種にとって効果的な選択肢であるが、一部の業種にとっては不向きな場合もあります。
例えば製造業や物流業など、大量の物資や機材を扱う産業では、本社との物理的な距離が生産性や効率に影響を及ぼす可能性があるでしょう。
繊密な情報共有や即時の意思決定が求められる金融業や証券業も、サテライトオフィスのコミュニケーション手段だけでは、取引のリアルタイム性を確保しにくいという課題があるかもしれません。
創造性やアイデアの発信が重要な広告業界やデザイン業界では、チーム全体が一つの場所に集まることで、よりアイデアの共有やブレインストーミングが活発になる可能性があります。
接客サービスを提供するホテルやレストラン業界などでは、直接顧客と対話をする必要があるため、顧客の立場に立って対応することが求められます。
そのため、本社が顧客の近くに位置することが望ましいかもしれません。法律や規制が厳密に定められている医療業界や薬品産業も、情報の漏洩やセキュリティのリスクを考慮すると、サテライトオフィスの利用に慎重な姿勢を取る必要があるかもしれません。
以上のようにサテライトオフィスが向いていない業種は存在しますが、その多くは業務の特性や要件によるものです。各企業は、自社の業務に合った最適なオフィススタイルを選択することが重要です。

サテライトオフィスの参考サイト

サテライトオフィス 神戸

新着情報

◎2023/9/21

情報を更新しました。
>インターネットだけをしたいときにも使えるサテライトオフィス
>サテライトオフィスを複数企業の共用スペースで実現する際の注意
>サテライトオフィスは機密管理のための仕組みが重要
>サテライトオフィスにあると便利な装備とは
>サテライトオフィスが不向きな業種もあります 

◎2022/11/15

情報を追加しました。

> 需要が増えているサテライトオフィスを上手に活用
> 生産性の向上を見据えてサテライトオフィスを活用
> サテライトオフィスは災害リスクリスクを減らせる
> サテライトオフィスでもセキュリティ対策が不可欠
> 実はサテライトオフィスには補助金が出ることがある

◎2021/2/12

通勤時間を削減する
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

拠点を増やすことで負担を減らす
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

通勤負担を軽減する
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

サテライトオフィスのメリット
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス 環境」
に関連するツイート
Twitter

週明けはオフィスに出社するんだけど、福島県いわき市⇄六本木ヒルズという環境の変化に対して自分がどう感じるか楽しみではある 何気にヒルズで10年以上働いているので、いまさら別に何も感じないに一票だが

Windows11 便利なショートカット① 【Windowsキー + L】 機能:PCをロックする。 すぐにPCをロックして、他人が見たり操作することを防止できます。オフィスや公共の場所など、セキュリティが重要な環境でPCを使用するときに役立ちます。短時間の不在であっても手動でロックすることが推奨されます。

生産性を損なう職場の習慣5選: 「常時開かれるメール、即答が求められるチャット、無計画な会議、中断の多いオフィス環境、過剰な報告要求。生産性を下げる要因です。」

恵まれた仕事環境なのにオフィスにいると動悸と吐き気がひどくて泣きながら出勤して泣きながら帰ったことある???? わたしはある、いまそれ

久々に人が密集した所で作業したらなんか疲れた🙃 前にJTCのオフィスいた頃は毎日ストレス溜まりまくってたし、息の詰まりそうな環境でもブイブイ言わせまくってる人はほんとに尊敬する